浴室をカビ防止するための6つのテクニック

カビの無い綺麗な浴室を維持する法

すべてのバスルームに湿気がたまります。これは当然のことです。しかし、バスルームの水分レベルを下げることで、カビの発生を防ぎ、カビがすでに発生している場合はカビの成長を遅くすることができます。

バスルームをカビのない状態に保つことは、掃除に一貫性を持ち、これから紹介する掃除のやり方と順序に従うことで部屋の湿気レベルを下げてカビの発生を出来るだけ防ぐことができます。

① 良い換気扇(ファン)を設置する

あなたが家のすべてのバスルームに持っていることを確認する必要がある最初のことは、効果的なファンです。

通気口は、空気中の湿気を吸い取り、それを外部に送り出します。湿気やカビに対する防御の第一線です。

ファンのCFM(立方フィート/分)カウントは、それがスペースに対して十分かどうかを通知します。小さすぎる場合は、より強力なものを購入します。

ファンの理想的な強度を計算するには、天井が8フィートの場合は部屋の平方フィートに1.1を掛け、9フィートの場合は1.5を掛けます。

② 換気扇を適切に作動させる

浴室の更衣室の乾燥でカビを防ぐ
シャワーまたはお風呂の中に通気孔を開けるだけでは十分ではありません。終わったら、少なくとも30分間は換気をオンにしておく必要があります。

これにより、残った湿気が壁や天井を損傷したり、カビが生えたりするのを防ぎます。これを管理する良い方法は、ファンをタイマーに設定することです。そうすれば、トイレに戻って後でオフにする必要がありません。
また、バスルームの更衣室の換気も忘れずに。

③ 水切り

特に朝急いでいるときは、少し面倒な作業ですが、バスルームの水切りをするのには理由があります。

実際、シャワーの後に壁や床を水切りすると、室内の湿気が最大3/4減少します。それはあなたが取り除くことができる多くの湿気とあなたが防ぐことができる多くのカビです。

⑤ 水漏れのチェック

浴室のカビは、シャワーやお風呂の水だけではありません。漏れは、湿気がたまり、カビが成長する原因にもなります。

漏れを発見したら、「時間があるとき」にではなく、絶対に放置しないでください。可能な場合はすぐに修正するか、必要な場合は配管工に電話してください。

特にカビが定着して成長し始めた場合、待つことは事態を悪化させるだけです。カビを取り除くことは、それを防ぐことよりもはるかに困難なのです。

バスマットとタオルを定期的に洗う

バスマット、バスルームラグ、タオルは、特に長期間洗っていない場合は、カビの繁殖に理想的な場所です。
注意するべきことはバスマットが黒や茶系など色がついているものです。なぜなら、色付きのものはカビが生えててもわからないのです。すぐに乾燥させてない場合はカビだらけのマットになっていることがよくあり、カビが生えてたらそのマットで足を拭いていることになります。

バスルームでカビと戦う簡単な方法の1つは、タオルとバスルームの敷物を定期的に(少なくとも週に1回)一緒に洗うことと常に乾燥です。

清潔なタオルとマットは、清潔で健康的なバスルームを意味します。

シャワー用品を乾かす

これは、忙しい私たちの多くにとって直感に反するものですが、カビを避けるために依然として不可欠です。使用していないときは、ヘチマ、スポンジ、製品のボトルをシャワーから取り除きます。

それらが乾燥するにつれて、水がそれらの下に蓄積する可能性があり、それらはカビやカビの完璧な繁殖地になります。

カビの成長させない。

浴室のカビを防ぐ方法
すべての防止方法と同様に、カビを回避する最善の方法は、カビが最初に発生する条件を回避することです。つまり、空気中の水分や湿気を取り除き、布地を清潔に保ち、水の蓄積を防ぎます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です